« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

晴天

皆さん今日は良いお天気ですね。

休みの今日の月曜日、

ジムに行きその後僕の大好きな山田監督の最新作「

家族はつらいよ2」を観に行きました。

山田監督の作品が封切られるとすぐに観に行く程、

彼の作品は僕にとっての(そして現在進行形の)

大切な宝物なのです

今回のテーマは人生は喜劇と悲劇、悲劇と喜劇の繰り返しであり、

喜劇の中に悲劇が、

悲劇の中に喜劇の存在を見出だす山田監督のテーマに共感します。

(チャップリンと似ています。)

そして1つのエピソードの完成度が高く、

その1つ1つのエピソードの繋がりがロジックに計算されているの

にはいつも感心、いや感嘆させられます。

そして監督の起用される役者陣が全て素晴らしいです。

あっという間の約1時間50分(正確な時間は分かりません。)

でした。

必ず幸せな気持ちにさせてくれるので是非お時間のある方は劇場迄

お出掛け下さい。

それでは又稽古場でお待ちしております。

読書

今日は雨がちらほら降り、

あまり良いお天気ではありませんがお元気ですか?

昨日ブックオフに入った所、

まだ読んでいなかった中村勘三郎さんに関する本を発見してとても

興奮してすぐ買いました。

勘三郎さんに関する本は殆ど読破したつもりでいたのですが迂闊で

した。

著者は勘三郎さんと40年の交友関係のあった荒井修さんです。

浅草の仲見世に120年続く舞扇の老舗「荒井文扇堂」

4代目の店主さんでいらっしゃいます。

舞台の上の勘三郎さんの姿だけで無く、

舞台外での勘三郎さんの貴重な生の会話が著書に記されており、

勘三郎さんの大ファンの僕はページをめくるのがもどかしい位興奮

して読んでいます。
勘三郎さんの関連本の勘三郎さんに対する殆どの感想は、

彼は何事にも一生懸命で、手を抜かず、アイデアマン(

平成中村座の隅田川公園の仮設劇場の案も勘三郎さんご自身でした

。その他夏祭浪花鑑のニューヨーク公演の発案も。)で、

芸の追求に尽きる事が無く、人を楽しませる事が大好きで、

そしてファンの方々を本当に大切にしました。

全てに頭が下がる思いです。

まだまだ生きてて頂き素晴らしい芸を見せて頂きたかったです。

荒井さんのお店にいつか行こうと思います。

それでは又稽古場でお待ちしております。

ゴールデンウイークも開講中!

皆さんお元気ですか?

いよいよゴールデンウィークに入りましたね。

旅行に行かれる方は、呉々も気を付けて行動して下さいね。

さて、ゴールデンウィーク中、スタジオでは通常通りレッスンを行っておりま

すので、是非レッスンにいらして下さい。

但し、5月4日の木曜日の11時のクラスのみ、休講とさせて頂きます

ので、宜しくお願い致します。

それでは、稽古場でお待ちしております。

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »